エンジンラジコンカーを楽しむ趣味のサイトです RCモデル入門者・初心者へのアドバイスほか神奈川を基点に参戦するレースのことを掲載しています   since2003.11.13

GPツーリングへのいざない

作成 Bannnosuke 2003.11.16

GPカーの魅力

GPの魅力と言ったらなんと言ってもあのエンジンサウンドでしょう。2サイクルは甲高くF1サウンドを思わせ、 4サイクルはGT選手権を思わせる排気音でサーキットを駆け回り、エンジンサウンドと合い間って実車の10分の1のスケールボディーがより一層実車感をあおります。 さらにコーナーからの立ち上がりでは、1速から2速へとシフトアップしながら加速していく様は、車好きになら即座にはまってしまうでしょう。EPカーと比べて、 周辺機器の装備費がほとんどかからないのも魅力の一つでしょう。EPの場合はキットの他に充電器や放電気、アンプ、バッテリー数本等など、 その他にキット付属のモーターはパワーが小さいため別売のモーターをいろいろ購入するのが普通です。 GPカーは、キットにレースでも通用するエンジンが付属し、スターターが付いているため、他に購入するのはプラグの点火ブースターと燃料ポンプぐらいです。 ステップアップする場合はエンジンとエンジンスターター、マフラー、2速キットを購入すれば1~2年間は他に購入するものはありません。

①マシン編

<RCカーはおもちゃではありません>

まず最初に、RCカーはただのおもちゃと思わないことです。今のRCカーはサスペンションやシャーシーの構造など、高速で、 しかも安定して走るように設計されています。 ただ単に、無線で走ればいいと言うようなコンセプトの車はほとんど皆無です。 GPカーは実車とほとんど同じ構造をしているもので、特にツーリングカーのデフなどは実車とほぼ同じ構造で作動します。

<初めて購入するマシンは?>

GPツーリングカーのキットはエンジン付きでしたらどれを購入しても失敗はありませんが、タミヤ製は他のメーカーに比べて レースで使えるキットとしては若干弱いようです。 又、エンジンレスキットを購入する場合は別売のエンジンが初心者にとってパワーがありすぎるため、コントロールが思うように出来ない場合があります。 できれば後のお楽しみにとっておいた方が懸命です。

<おすすめマシン>

京商から発売されているタッチスターター付きのVone-S、又はFW-05Sが初心者には適していると思います。このキットは初心者用でありながら、 レースでも十分に通用しますので練習からレースまで使用できる優れものです。タッチスターターとは紐をひっぱてエンジンを掛けるリコイルスターターの変わりに、 エンジンにセルモーターが付いているキットです。リコイルのような難しさがなく、誰でも一発でエンジンスタートができる優れものです。 セルモーターが付いていても走りにはまったく影響がないのが魅力で、これらのマシンは、京商社会人カップのリコイルクラスの公認マシンにもなってます。 (現:京商カップエンジョイクラスに採用)

<組み立ては取り説通りに>

あたりまえのようで案外できてない方がときどきいます。左右のパーツや前後のパーツを取り違って組み立てないよう、 よく取り説を見て組み立てましょう。サスペンションは上に上げて放したときカタッと落ちるように組み立てます。 渋いときはプラパーツの穴をホームセンターなどで売ってるヤスリで少しずつ削って、カタッと落ちるまで根気よく削ってください。 渋いままだとスピンしたり曲がらなかったりと走りにも悪影響が出ます。

<リンケージ>

ステアリング・・・取り説通りに組めば問題はありません。注意点はサーボホーンが中立のところで、 タイヤの向きがまっすぐになるようアームの長さを調整します。サーボホーンにつなぐ前に軽く動くのを確認しておいてください。 渋かったり、どこかにひっかかっていたりしたら取り説を見て間違いないか確認します。間違いないときは、根気よく削ったりして、軽くします。

エンジン・・・・・エヤクリーナーをはずしてキャブの中を覗きながら、スロットルを動かしてみます。 スロットルを放した状態でキャブの開口が1ミリ~1.5ミリぐらいに調整します。次に、スロットルをハイにしたときに完全に開口部があいてるか確認しましょう。 空いていればスローとハイを繰り返し、どちらも大丈夫か確かめてください。 ブレーキはマシンを手で押し出し、ブレーキをかけたとき、スッと止まるように調整します。これは文書で説明するのが難しいので、サーキットで聞くのが一番です。

<タッチスターターとリコイルスターター>

◇ タッチスターターのエンジン始動

  1. プロポのスイッチをONにし、エンコンはスローにします。
  2. チョークポンプを押して燃料をキャブまで行かせます。
  3. スターターバッテリーでスターターを回せばエンジンは回りだします。

ある通販では故障のクレームが多いという理由で販売しない所があるようですが、 単に取り扱い方が不備なだけですので決してそんなことはありません。 以下に注意点を挙げますので参考にしてください。


  1. エンジンをシャシーに載せる前に、エンジンの後ろのギアボックスを開けて、 スターター内のギアにグリースを塗ってください。
  2. スターターはあまり長く回しつづけないで下さい。(2~3秒ぐらいで一旦止める)
  3. スターターを何回まわしてもかからない場合は、このページ最後の「エンジンがかからない時は」を参考にしてください。

故障の原因は、エンジンがかからないのに、そのまま回し続けることによることがほとんどです。回し続けることで、 燃料がエンジンの中にたまってしまい(オーバーチョークと言う)エンジンが回らなくなっているのに無理に回すことで、 スターターのギアがなめてしまうのです。エンジンがかかるときはクランクしはじめる最初の1秒程度がもっとも多く、 逆に何秒も回し続けてもかからない場合はニードルの位置が合っていないか、オーバーチョーク、 燃料が到達していない、など何らかの原因があるはずです。

◇ リコイルスターターのエンジン始動

  1. プロポのスイッチをONにし、エンコンはスローにします。
  2. チョークポンプを押して燃料をキャブまで行かせます。
  3. プラグをヒートさせる前に、チョークポンプをあと2~3回押して、リコイルを2~3回スナップしてください。
  4. プラグをヒートしてスナップしてください。1回でかかる場合がありますが、2~3回のスナップでエンジンはかかるはずです。 かからない場合はチョークポンプをもう一度1回か2回押してスナップしてください。

注意①:リコイルは腕で力いっぱいに引っ張らないで下さい。目いっぱい引っ張るとリコイルの紐が切れます。 リコイルスターターの回し方は、手のひらを上に向けてリコイルのレバーを人差し指と中指の間にはさんで、 手首のスナップで回すようにしてください。こうすることで、エンジンは高速で回され、よりかかりやすくなりますし、 紐が切れることがないのです。

注意②:2回目からのエンジン始動はチョークポンプを1回から2回押して、 このときもプラグは点火しないで2~3回スナップしてください。 その後プラグを点火してスナップです。これでエンジンは1発でかかるはずです。

②プロポ編

初めて購入するプロポは機能がたくさんついている高価なものより、中ぐらいのもので十分です。 高価なプロポは機能がありすぎて、使いこなすのが大変なばかりか、調整中に何がなんだかわからなくなる事態になることがあります。 まずベーシックなものから初めて、物足りなくなったら買い換えればよいです。 (筆者は10年以上フタバのメガテックジュニアを使っていますが、これで十分です)

③練習編

  1. マシンが出来上がるとすぐに走らせたくなるのが人情ですが、エンジンカーの場合近所の駐車場や 自宅前の道路などで走らせるのは禁止です。 法律で決まっているわけではありませんが、言わばラジコン界の自主規制というか常識です。 要するに他人に危険や迷惑がかからないよう楽しむことです。 GPカーはサーキットで走行するのが原則です。
  2. 最初にエンジンはかけずに、手で押し出して見て、まっすぐ走るようトリムで調整します。
  3. サーキットでは、最初はコースの真中をゆっくり走ってみましょう。
  4. 始めから上級者のようにコーナーのインを狙う走りはスタックやクラッシュをして、 しょっちゅう直しに行くか直してもらうことになります。 マシンを壊すことにもなりますから、できるだけコースの真中を走って、 スタックしないでコースをトレースする練習をしばらくは繰り返します。
  5. 前記の練習を繰り返しているうちに、だんだん思うラインを走ることが出来るようになります。そうなれば、レコードライン (速く走るための理想的なライン取り)を意識しながら走りこんでください。
  6. あとは、できるだけレースに出て腕を磨くだけです。レースはテクを磨く一番の早道です。 上達してから等と考えずに遠慮なくエントリーしちゃいましょう。

④サーキット編

  1. 注意しなければならないのは、エンジンカーの場合、走行できないサーキットがありますので、 前もって確認してから向かった方が時間の節約になります。
  2. ビギナーの方は、サーキットには行きにくいと思う方が大半ですが、そんなことは全くありません。 サーキットにいる人は案外親切な人が多いもので いろいろ教えてくれたり、セッティングやエンジンのかけ方を教えてくれたりします。 そのようなサーキットの見分け方は、実際に行って雰囲気を見ればわかると思います。 ピリピリ、カリカリしているようでしたら止めておきましょう。ビギナーがふらふら走っていても直してあげたり、 邪魔にするような言動がないところは大丈夫です。
  3. サーキット走行の受付を済ませるとき、自分と同じバンドの人がいるか確認しておいて下さい。 プロポのスイッチを入れるときは他の人が使ってないかを確かめてから 入れてください。これを怠ると他の人の走っていた車がいきなり暴走してしまいます。
  4. バンドは重要なのでもう少し説明します。受付のとき自分ひとりと思っていても、 後から同じバンドの人がくるかもしれませんから独占は厳禁です。 そのために、サーキットにはたいていバンドの管理システムがあります。 管理の仕方はサーキットごとに異なりますが、くれぐれもバンド管理のルールを熟知してからコースインしてください。 GPは1タンクで、一旦バンドプレートを戻しましょう。 なぜかと言うと同じバンドの人が待っているかもしれないからです。平成21年ごろより本格的に 2.4gh帯の周波数を利用したプロポシステムがメーカー各社から発売され、 現在ではサーキットでは主流になっています。2.4ghにおいても 発信できるバンド数に限りがあるため、サーキット内のルールを守るようにしましょう。

⑤初めてのレース編

いよいよレースに出てみようかと思っても、始めはなかなか出にくいものです。 しかし、案ずるより生むが安しで、思っているより案外たいしたことはありませんし、 その楽しさは半端じゃないです。1回出たら、完全にはまってしまうはずです。 勝ち負けは度外視して、とりあえず完走目標で出ちゃいましょう。 エントリーするカテゴリーがわからないときは、受付時に初めての旨伝えれば、マシンを見てどのカテゴリーか教えてくれます。 ビギナーのクラスがあればそのクラスで出ましょう。
ではここで、レースに出るための準備やレースの進行などについてお話します。

<準 備>

1.破損しやすいパーツは必ず持っていく。

レースで最も破損しやすいところは、前後のサスアームとスパーギヤです。スペアーを必ず用意してください。 次に多いのは、ドックボーンの脱落です。フロントをユニバーサルシャフトに交換しておくと、脱落によるリタイヤを防げます。 リアはキット付属のシャフトで問題ありません。

2.予備のクリスタルは必需品

レースでは、最高10台のマシンが同時に走ります。27MHや40MH帯の同じバンドの人がいたら 替えるよう指示されることがあります。 その時、持っていないと主催者が大変困りますし、大きい大会になるとレースに出れないこともありますので、 予備のクリスタルは少なくとも 2,3個は持って行くようにしてください。

3.プロポ

プロポの電池は十分あるか確認します。できればレースごとに新品と交換した方がトラブルを防げます。 受信機側がニッカドバッテリーの場合 は必ず前日に満充電しておいてください。

 

(メカについての番外編)

送信機と受信機、クリスタルは必ず同一メーカーにします。周波数が同じでもメーカーが違うとダメなのです。 1人で走っている時は問題なくても、数台になると必ずノーコンになります。

4.タイヤ

ホイールとタイヤは瞬間接着剤で完全に接着してください。接着前に中性洗剤でよく洗って油分を落としてから接着すると、 レース中に外れることはありません。

5.ボディーにトランスポンダー取り付け用の穴をあけておく。

レースではトランスポンダー(計測用の発信機)を付けます。ボンネットのフロント窓寄りに 直径7ミリの取り付け用の穴をあけてください。 その時ボディー内にトランスポンダー用のスペースが十分あることに注意してください。 どこにあけてよいかわからない時はレース主催者に教えてもらってください。 シャーシーにトランスポンダーの取り付けパーツがありますが、それを使っても良い場合あリますので、主催者に確認して下さい。

<レース開始前>

1.受付時間には遅れないよう早めに行きましょう。

時間ぎりぎりや、始まってからだとそれだけで慌ててしまい、何がなんだかわからなくなってしまいます。 大きい大会では受付すらしてもらえなくなります。

2.受付

受付はエントリーカードを書きます。カードには、氏名・エントリー種目・バンド・予備のバンドを記入します。

3.練習走行

受付を済ませた後、練習走行ができるレースと、できないレースがありますので場内放送に気をつけてください。 走り始める人がいても順番が決められている場合もありますのでその点にも気をつけましょう。

4.ドライバーズミーティング

予選開始前にドライバーズミーティングがあります。集合の放送がありましたら、集合場所に速やかに行って、 説明を聞き逃さないようにしてください。 よく聞いていないと思わぬ恥をかく場合があります。

5.自分のゼッケンと出走の順番をよく確認する。

渡されたゼッケンは、レース中に計測スタッフが見やすいようにボンネットやフロントガラスに貼ります。

6.レースの進行はスピーカーでアナウンスされますが、 聞こえないこともありますので、進行状況に注意して、出番を待ちます。

<予 選>

1.いよいよ予選開始。

自分の番が来たら、ゼッケンナンバーと同じ番号のトランスポンダー(計測発信機)をボディーに付けます。

2.予選はベストラップ方式又は順位式。

どちらでやるかはドライバーズミーティングの時アナウンスされます。されなかった場合は主催者に聞いて確認してください。

 

(ベストラップ方式)

決められた時間内(5分ぐらい)に周回を続け、1周のタイムで一番速かったタイムが予選タイムとなります。 2回から3回繰り返します。

 

(順位方式)

横1線スタートのレース形式で順位と周回数タイムを計測して予選の成績とします。これも2回から3回あります。 スタッカースタートといって、1,2秒間隔で1台ずつスタートする方式をとるサーキットもあります。

5.スタートの合図

計測パソコンから出る「ピッピッピッピー」の音です。

<決 勝>

1.予選が終わると決勝グリットが掲示板などに張り出されされます。

ここでも自分の出番を確認しておきます。出番を間違えると恥をかくやらレースを混乱させるやらで、 穴があったら入りたくなりますのでよく注意してください。

2.決勝はグリットスタートです。

実車と同じようにポールポジションから順番に車を並べてスタートを待ちます。スタートの合図は予選と同じパソコンの音です。 このときの緊張感はいつになってもこたえられないものです。

3.スタートしたら思いっきり走りましょう。

と言いたいところですが、何しろ初めてですから、できるだけクラッシュしないように完走を目指した方が、 結果的にいい成績を残せます。

<レース終了後>

1.レースが終わった後は、順位の発表と表彰式があります。その後、賞品の抽選会があります。現在のレースでは、 順位に関係なく当たりますので、良い賞品が当たることを期待してください。

*昔は、1位が一番良い賞品だった。私のような遅い者はいつも参加賞だったのでつまんなかったことを覚えています。 今はいいですねえ。

2.帰路につく前にもう一つ。自分で出したゴミは持ち帰るのがマナーです。面倒でも家まで持ち帰りましょう。

<エンジンがかからない時のチェックと対策>

まず、チェックに入る前に、エンジンがかからなくて何回も回し続けた場合は、プラグをはずし、 スターターを回してエンジンの中にたまった燃料を排出して下さい。その後、プラグを戻してかけてみてください。 それでもかからない時はチェック事項を順次参考にしてください。

チェック①:プラグが完全にヒートしてるか

プラグをエンジンからはずして、ブースターにさしてみてください。このとき今にも切れそうなくらい、 まぶしいくらいにヒートしていればOKです。薄明るく光っている程度ではエンジンはかかりにくくなります。

タッチスターターの場合、プラグヒートアダプターがプラグにしっかり着いているか確認してください。

対策:光ってない場合は、プラグが切れてるかブースターの電気がない場合です。プラグを交換しても光らない場合は ブースターを充電するかヒート用乾電池を交換してください。タッチスターターのアダプターが緩んでいる場合は ラジペン等で締めて着けなおしてください。

チェック②:燃料タンクからマフラー及びキャブまでの燃料パイプが変な風に折れ曲がってないか、 どこかで潰れていないか点検してください。

チェック③:メインニードルを閉めすぎてないか、緩めすぎてないかチェックします。

対策:完全に閉めこんだ所から1、5回転から2回転もどして、再度エンジンを掛けてみてください。

エンジン図解

これで、ほとんどのトラブルは解決してると思いますが、これでもかからない時や、 かかってもすぐに止まってしまう場合

チェック④:エヤクリーナーをはずしてキャブの開口が 2ミリぐらいになっているか確認してください。

対策:ほとんど締め切っている場合は、アイドリング調整ネジ(図参照)を閉めこんで2ミリぐらいに調整してください。 空きすぎている場合はプロポ側の調整かサーボホーンの位置を変えて調整してください。閉めすぎても空き過ぎても エンジンはかかりにくくなります。

チェック⑤:スロー絞りニードル(図参照)を回してしまっていないか。

対策:スロー絞りニードルは工場出荷時に最適の位置に調整されています。回してしまった場合 はどのように回したか思い出して元に戻してください。 これでも不調の時は、スロー絞りニードルの位置が不適切になっていることが多いです。 スロー絞りニードルは非常にデリケートですので、 適切な位置を出すのは、初心者では難しいことが多いです。こういう場合はサーキットなどでエンジンに詳しい人に 調整をお願いするのが一番の早道です。