ラジ助レース参戦記 綾瀬湘南スケールGP4月



前レース(SSF)の興奮もさめやらぬ4月末。(もう冷めとるやろ?)ラジ助にしては珍しく会場に朝早く到着したのだが、この日はなぜか明け方の4時に目が覚めてしまった。12時半に寝たから3時間半しか寝ていない。

で、やめときゃいいのに、思いついて近所をジョギングしたり。このジョギングでこの日の疲れが倍増したことは言うまでもありません・・・。



さて、S3に関してはデフギヤをLSDに入れ替えたりと少しはいじったものの、ここ3週間、前回のSSFからほとんどほったらかしであった。

加えて、やめときゃいいのに、2速を分解したりしたので、シフトポイントを合わせる必要があったのだけれども、9時からの練習走行時間前にインファーノGTのエンジンが不調に陥り、それにてこずっている間に練習時間がほぼ終わりとなってしまい、あわててS3を走らせたものの、2速の調子は今ひとつ分からない。

今回のレースは事前に練習していないので、少なくとも予選前の練習時間に「燃調→2速のシフトポイント調整」ということだけはやろうと思っていたが、早くも崩れ去ってしまった。

 



ちなみに、この日のレースエントリーはSクラスが47台。過去に同一の種目にこれだけの人が集まったレースに参加するのはこれが最初かもしれない。関東のSクラス熱は熱い。ひたすら熱い。



で、予選1回目は5組あるうちの最初の組に振り分けられた。コースインしてみる・・・2速が遅い。案の定だ。ストレートの終わりでやっと切り替わっているようでは仕方がないし、意味がない。加えて路面が悪い。路面が悪いことを見越して中古タイヤで出ていることもあるけど、ストレートエンドは埃がかなり積もっていて、その上から雨が降って固まってかなりグリップしない。

かなりアンダー。

注目のLSDギヤに関しては全く問題ない。というか、かなりいい感触である。立ち上がりがワンテンポ遅れるような感もあるかもしれないが、ここはギヤ比の問題と、2速のタイミング両方の問題があるので、立ち上がりが問題なければこれはかなり使えそうな予感。

 

予選1回目は17週を5分ちょうどで走った。全体で5ヒートあるので暫定がどのぐらいの順位になるのか分からないが、路面状況から予選2回目がタイムが上がることはも間違いない。1回目のほかのヒートを見回すと、Aメインは18周を5分のシングルタイムで決めないと難しいか?トップはもう少しで19周に入ろうかという勢いだ。



予選2回目に向けて、マシンを見直すがなんとLSDギヤのギヤオイルが飛び散って抜けている様子。これはいかんということで、デフ交換の突貫工事を慣行。予備の5万番と交換。加えて、立ち上がりの加速が鈍い機がするので、1速を16Tから15Tに交換。シフトポイントが遅かったので、2速のシューを5分ほど締める。で、燃調を5分絞る。

 

ここでまた新たな問題が発生。燃料のカナイ(20%)がもう残り少ないことに気づく。決勝を他の燃料にするのなら、予選から換えておいた方が無難と考え、予選の2回目はクロッツ(20%)に変更した。一応ベンチで燃調を行うが現時点で問題点は感じられない。
 

 


運命の予選2回目。新タイヤを履く。コースインして走ってみるが、2速が全く切り替わらない!!!

 

やばい、やばい、やばすぎる!!

 

勝負の予選2回目を15Tの1速で全部走るわけにはいかない。5分という短期決戦ということもあり、ニードルを思いっきり絞ってなんとか2速に切り替わるようにした。しかし、しかし、なぜ?2速のシューは5分緩めたはず!?ニードル?燃料?なんだ、なんだ???


・・・・あ。


限界値を超えて絞られたGXRだが気丈になんとか走ってくれたが、3周ぐらい走ったところで、握っても前に進まなくなり、オーバーヒート。
 

・・・


オーバーヒート??

 

加えて、換えたデフの5万番もアンダーを誘発してダメ!すぐさま走行を中止して撤収した。エンジンのデジタルヒートモニターは250度!
 

・・・


かくして、予選は見事に撃沈する結果に。しかし、それでも1回目のタイムでCメインにひっかかることができた。Cメインといっても、今日はGメインまであり、勝ち上がりの決勝は6回行われ、それでやっとAメインにたどり着けることとなる。
 

さてさて、G・F・E・Dメインが終わり、Cメインとなった。タイヤは1レース使った分を使う。使ってはいるが、タイヤの中央ラインがまだ残っているぐらい状態は良い。事前に2速はシューを思いっきり緩めた。切り替わらないぐらいなら、思いっきり早いほうがまだ救われる。アンダーを誘発したデフは1万番に変更。

 

10分のレースが始まった。最初こそ良かったものの、しばらくしてだいぶ他車に置いていかれている。

special thanks!
photo by gulf

 

 

 

甘くはないが、絞りが足らないようだ。今日という日は全てがこの調子である。マシンのアンダーはだいぶ納まったが、ストレートエンドのがたごと道でかなり姿勢を崩す。走っているうちにどんどん状態が悪くなっている感が。どうやらセッティングもどうかしているようだ。

 

 

 

抜かれる、抜かれる、また抜かれる。なんか、マシンに全く元気がない。







どうしたんだい?ヘヘイ、ベイビー?バッテリーはビンビンだぜぇ♪



・・・あ!

いや、歌っている余裕は全くないのだ!

歌うどころか、超かつかつ、かつかつ、かつかつ・・・


(以下妄想)


かわいいねぇ〜♪

燃調が全く合っていないから、握るってるけど、どんどん抜かれてるねぇ♪

どんどん抜かれるから、もっとかつかつになってるねぇ♪

かわいいねぇ〜♪


 

 

 



だめだぁ〜!!!!!


 

 

・・・




・・・あ


終わり・・ですか?



そのまま6位で終了した。当然勝ち上がることなくレースを終了。


 

全力で走った。全力で走ったが、Cみえいん6位。


 

・・


 

これが俺の実力じゃぁ〜!!


 

・・・


 

あ、開き直っちゃいけませんね。





はぁ・・・悲しい。


マシンを見ると、マニホールドを止めるビスが1本脱落しているし、リヤタイヤが完全にべろんちょとはがれていた。前も結構めくれ上がっている。


 

・・・


まぁ、それがなくても十分負けてたけど。


そう!それらのトラブルがなくても、今日は勝てる気が全くしなかった。頻発するトラブルに対応しているうちに、レースが終わってしまった。


ごめん!タケイちゃん。へのツッパリで、迷惑をかけてしまった!


貴殿は京商古来の「ランドマックス」で現在のスーパーエイトでAメインに入る腕なのに、俺がからんで3秒差で勝ちあがりがなくなってしまったよぉ〜!!


 

はぁ〜悲しい。


 

・・・


・・・もしかして、慢心?


慢心ですか?


APEXで結果を出して、ろくにメンテもしなかった。ろくに前日寝なかった。ろくに練習もしなかった。


負けて当然?


 

あ〜ほんとに、ダメダメダメダメダメダメだぁ!!!


「リベンジ」などというたいそうなことは言いません!


次のレースはタケイちゃんに迷惑をかけないレースをしよう。


 

あぁ〜自己嫌悪。


 

はぁ、悲すぃ・・。