エンジンラジコンカーを楽しむ趣味のサイトです RCモデル入門者・初心者へのアドバイスほか神奈川を基点に参戦するレースのことを掲載しています   since2003.11.13

2007年京商カップ東北ブロック予選

in 岩手県 けんじワールド 2007/08/26

今年の京商カップ

まずは2年連続で開催されていたSUGO内のイベント広場から、会場が岩手県のけんじワールド駐車場に変更になった。路面は普通のアスファルト・・・とだが、アスファルトは剥げて土が出ているところとか、草が出ているところがあったり、路面の凹凸がかなりありギャップもある。まぁ、特設ならではの路面といえる。天気は文句なく晴れであったが、タイヤについては「もしかしてスポンジインナーが合うかも」と思う部分もあった。コースレイアウトはとにかく幅が広く、最後にちょっとした変化はあるものの、初心者が無理なく走れるレイアウトであった。

今年は何よりうちのチームで変わったのが、初の2台体制になったことである。スポンジタイヤツーリング一辺倒で、今までGT-4、MTX-3、MTX-4と乗り継いできたCHIKEが京商のしかもV-oneSⅢを買ったというのが1ヶ月半前に分かったのが最大のサプライズであった。CHIKEが山形在住、ラジ助が神奈川在住ということで、準備については細かい打ち合わせはnなかなかできなかったが、前日の土曜日に1日練習できたので2台とも戦闘力はかなり上がっている印象。マシンは弱アンダー傾向のラジ助車、エンジンの回りについてはCHIKE車。それぞれいいのだが、タイムの出るCHIKE車でレースは臨むことにしていた。

練習走行

毎年練習走行は5分なのだけれど、エントリーがS・Rともに13チームという少数であったため、練習走行が10分も設けられた。先行して走るラジ助だが、試しにスポンジインナーを履いて走ってみた。これがびっくりするほど路面のギャップを拾い、マシンが跳ねまくり。4分経過でCHIKEに交代するがこちらは使い古しの35にモールドインナー。使い古しを使ったためグリップがほとんど得られずドリフト状態のCHIKE。アナウンスでも「ms-marineはドリフト車のようです!」とまさにその通りのアナウンス。しかし、マシンの挙動は悪くない。というか、スポンジインナーが合わなさすぎるのか?10分を走りマシンが戻ってきたのだが、戻ってきたと同時にエンストしたのが気になった・・・。

予選1回目

今年も1回目はラジ助が出走。CHIKE車に35V、インナーは京商イエロー。練習走行の終わりにエンストしたのが気になったので気持ちニードルを戻した。5分の周回が始まった。予選の最初の組ということもあって、かなり様子見から入る。上位に入るというよりも、コースを覚えることに専念。一つ一つコーナーを丁寧にゆっくり回ってみる。エンジンとマシンの調子は良く、タイヤも問題なし。2速のシフトタイミングも問題ない様子。

しかし、このレイアウト以外に握れるレイアウトである。直線が長い上に、奥に回り込んでいるところまで全部握れる。左奥の第1コーナーを曲がってから、中央のインフィールドセクションまでは凹凸が比較的多い。小回りにまとめるつもりでもマシンが若干跳ねてアウトに持って行かれる感じである。そこをしのげば右奥のセクションは路面が非常にフラット。ここは安定して走れる。右奥から手前に来るラインは各車タイム差が出るセクション。コーナーの仕切板がブラインドになって距離感覚がつかみづらいが、右奥からまっすぐ、丸く曲がると良い感じでS字に入ってこれる。S字はかっこわるいがかなり減速して小さくまとめる。とういことでだいたいレイアウトは分かった。トップタイムはms-marineとアナウンスしているので上々である。

しかし3分過ぎにマシンがストップ。マシンを回収の上スタートさせるが数周後またエンスト。昨日まで問題なく走っていたマシン・・・信じられない事態である。

予選2回目

エンストの原因は全くもって分からなかった。エンジン本体の問題か、吸気系の問題か。ラジ助はマシンを替えるようCHIKEと話をしたが、燃調を調整し直して同じマシンで出ることをCHIKEとしては主張。ここで予選を失敗しても勝ち上がりで上がるという方針で、再度CHIKE車で予選2回目に挑むこととなった。

CHIKEはオープニングラップから14秒5と信じられないタイム。3週目には14秒020と13秒一歩手前。S、Rクラスともに15秒を切るのがやっとというチームが大半の中、すでに13秒一歩手前である。アナウンスも「これは13秒に入るか!」と期待がかかる!そして8週目ついに入った13秒89!

しかし、9週目またもやエンスト。回収後再始動するが、再始動後またエンスト。エンスト病一直線のms-marineの準決勝からの戦いが決まった。しかし、これが他のブロックなら予選落ちしているところだから、危うく拾われた感じである。Bメインスタートとはなったものの、CHIKEはS/R合計しても唯一の13秒台、ラジ助の14秒3はSで全体の3番手、S/R合計しても5番手のタイムでありちゃんと走れれば勝ち上がりに関しては心配はしていなかった。

決勝Bメイン

マシンは仕上がっているが、止まる車では戦えない。CHIKE車はレースで長時間を走ったことがない。これが最大のネックだった。エンジンの調整を再度やり直すが、メインが1回転20分と以上に絞られている。これが原因か?しかし感触的にはオーバーヒートしている感じは全くないのだが・・・。しかし疑える部分は今のところこれしかなく・・・。

迷いに迷ったが、昼休みにCHIKE車にラジ助エンジンを載せることとした。ラジ助車にCHIKEエンジンを載せる。

昼の一発目はSクラスのBメイン。6台中5番手からのスタートとなる。スタートはラジ助。スタート後のごちゃつきはあったが、接触を回避することに専念。15秒付近での走行を続ける。しかし、8週目にまたもやエンスト。いくらBメインとはいえこれでは勝ち上がれない。再始動後車をスタートさせるが、13週目にまたもやエンスト。今年の戦いはBメインで終わる・・・。Bメインとはいえ2度も止まっては勝ち上がることはほぼ不可能である。ここでマシンを交換するため3分のタイムロス。5分を経過していたのでドライバーも交代した。しかしまだ戦いは終わっていなかった。Bメインポールの渡部畳店は1周目でリタイヤしており、ソニーケミカルも何らかの原因で3分ほど止まっている、4位で復帰して3位とはどのぐらいの差かは分からないがとにかく追いかけるしかない。レース途中でなんと3位のサンワドーが5分近いトラブル。ついにms-marineが3位に浮上した。ピットをしてくれたスワンのTOMO氏と喜ぶラジ助!しかし、大事なことを忘れていた!給油である!ms-marineガス欠!急いで回収し再始動!都合3回目の停止だが、4位とは6周差ありそのままゴール。首の皮一枚つながった。

決勝Aメイン

結局エンストの原因はエンジンではなく、マシンにあることが明らかになった。これでCHIKE車は使えないこととなった。ラジ助車にCHIKEエンジンで決勝に臨む。決勝は昨年ファーストドライバーを引っ張る作戦をとったms-marine。タイヤがほぼなくなってまともに走れなかった教訓を活かして、今年はラジ助が15分までを走ることとした。10番手でスタンドに上がるラジ助。空いている場所は一番左はじのお子様用の場所である。しかし、この場所ラジ助は背が低いこともあり意外に好きなのである。

決勝はエンジン停止から再始動後スタートとなるが、運良くエンジンがかかり3~4番手ぐらいでコースに出て行くラジ助。ポールの日産自動車Sがスタートで1周ぐらいロスした様子。ラジ助はとにかく丁寧に、一つ一つコーナーをクリアすることに専念。マシンは自分のマシンだけに運転しやすい。ごちゃつく最初こそ15秒フラットを刻んでいたが、8周目から24周目までほぼ全周14秒台のラップを記録。他のマシンで14秒を刻んでいるのは遅れてスタートした日産 自動車Sだけで、他のマシンをパスしながら14秒を刻むラジ助は4位から徐々に順位を上げ11周目に ついに1位になると、後続との差を開いていっていた。

しかし・・・25周目にストップ!今度はエンストといってもガス欠である。特設なので7分半は保つと思っていたし、前日の練習でも高速コースで7分は走っていた。6分しか走らないとは!ここで46秒のタイムロス。給油タイミングを早めなくてはならない。再始動した時のポジションは5位。再度他車を追いかける!7分半で他車が一斉に給油に入ったこともあり再度2位に浮上。しかし、日産 自動車Sが速い。スタートのトラブルはあったが、14秒から15秒前半のペースで50周の折り返し地点までを走り抜いている。ラジ助もこうなってはなにふりかまっていられない。他車と多少接触しても抜いていかないと追いつかない。狭いコースの中をペースの違う車をどんどん抜いて行かなくてはならないのが京商カップである。前方のわずかな隙間に頭をつっこみ、体を合わせてインから抜く。他の車からの接触が考えられる場面では、こうとばされたら、自車がこの方向を向くから大丈夫だとか、なぜか非常に冷静になっているラジ助。いつも京商カップでは信じられないパワーを発揮するのが自分でも信じられない。しかし、日産 自動車Sも崩れない。予選でSの2位を14秒2でとった人だろうから、速いのは分かるがミスがない。

しかし・・・48周目にストップ!またガス欠である。え~!!!まだ6分も走ってないよ~!!ニードルが甘すぎるのか?握りすぎているのか?なんなんだ?いくらなんでも早すぎではないか?本日6回目のエンストと言うこともあり、回収からスタートという作業にはもうだいぶ慣れてきたのか、38秒のロスでピットアウト!決勝のピットを手伝ってくれたchuさんも「ニードル戻しすぎじゃねぇか~?」と。順位をまたまた4位に下げるが、3位、2位と地道に順位を上げるラジ助。とにかく前の車を抜く!これしかない!しかし、こんなに他の車を抜いたことが私のラジコン人生であっただろうか!状況的に言える状況ではないが、相当楽しいぞぉ!そして、なんと15分の 日産自動車Sのピットインでついに1位に再浮上!やったぞCHIKE~!過去3年間、さんざん順位を落としてきた私だが、1位でバトンタッチできるぞぉ~!!!これは夢ではない!

ついに、57周でドライバー交代。交代に37秒かかったが、順位逆転せず1位でスタートするCHIKE。2位以下をどんどん引き離していく。予選でS/R総合でトップタイムをマークしているCHIKEにドライバーをチェンジしたら、もう負ける要素 ・・・・はない。他がドライバーチェンジとタイヤの減りでタイムを落としていく中、引き続き15秒前半を刻 んでいく。日産自動車Sはドライバーチェンジ後も引き続き早かったが、2回ほどトラブルで止まっている様子。全く危なげない走りで、後続をひき離していくCHIKE !まさに1位独走だ。

しかし・・・しかしなのである。

22分、76周目・・・ms-marine停止。

なんと、受信機故障で、メカ類一切が停止したのである。動く気配はない。マシンチェンジを指示するCHIKE。痛恨のマシン交換。132秒のタイムロスは致命的だ。順位は一気に7位まで下がった。しかも、スペアカーはエンスト原因がはっきりしていないCHIKE車だ。追い上げるが、89周目にやはりエンスト。40秒のロスをしてコース復帰。だめ押しで102周目にエンスト。

ms-marineは6位となりチェッカーが振られた。

振り返って

受信機故障・・・。今まで多くのレースをしてきたが、レース中に受信機が壊れたことは・・・ない。確かに3年ほど使っている。定期的にメーカーにメンテに入れなかったことに敗因があった。

「まだ大丈夫だろう」

いや、大丈夫ではなかった。完璧を尽くせば受信機まで事前に交換していたとは思うが。しかし、これも天の定めだろう。普通受信機がこんな大一番で壊れるものではない。事前に番超から「京商カップは最後には運で決まる」と言われていたが、まさしくその通りになってしまった。

厳しく言えば、「1回でも止まれば京商カップは勝てない」「それを10回も止まったら、勝てるはずはない」ということである。悔しくないと言ったらウソになるが、この結果を受け止めてスタートせねば次もない。

しかし、予選で3番手タイムを出し、決勝も1位を走り、1位でバトンを渡した。振り返ると、これまでは自分は遅いと思っていたし、それなりのレースの成果しか出ていなかった。しかし、神奈川に拠点を移してからは、ラジ仲間から、マシンのセッティングから、精神面、ドライブテクニックなど多くのことを学んだ。また、マシンの整備、メンテにも多くの時間を費やした。結果として自分がここまで走ったことに、自分自身が一番驚いている。

ms-marineは進化している。CHIKEとラジ助。チャレンジはまだまだ続く!

 

 thanks to photo by Atsu

 おつかれ~!

京商カップ目次へ