BBSで振り返る 

大阪の走る岡本太郎ことpopeyeさんの 

ラジコン復帰から京商カップ代表権獲得まで

1年半の道のり

 

「すべてはここから始まった〜25年ぶりの復帰」

平成17年2月19日

はじめまして!大阪のPOPEYEです。(44歳)

先日、近くでサーキットとショップを見つけ、25年ぶりにハートに火が付いてしまって、早速FW-05S京商ジャパンカップエディションをGETしました。
一からフルセット揃えたので、9万くらいかかっちゃいましたけど。マフラーがあまりにも・・・なんで、買ったりしましたけど。

昔、1/8をやってたのですが、買って、組み上げながら、「は〜っ、なるほど!」って感じの驚きでいっぱいでした。
プロポにしても、昔はクリスタルを何個か持って行ってたのに、なんですか?これは!シンセサイザーなるものが付いていて、8バンド(40Mz)が自由に変える事ができる。昔は27Mz6バンド、40Mz2バンドしかなかったのに・・・(古い!)
私が走らせていたのは、トドロキのロードACEってやつで2WDのシンプルなものだったので、今回のFW-05Sのビス類の多さには参ってしまいました。

今回、このBBSを見ていて、ほんとに助かりました!そう、ステアリングサーボの配線です!
組んでる時には、近いなあ〜とは思っていたのですが、メカBOXの下にグイッと押し込んでいたんです。
ならし運転のために近くのパーキングでエンジンをかけようって思って、ふとBBSのことを思い出し、見ると配線がギヤーに接触してるではありませんか!(激ヤバ!)早速、取り回しを変えて、走らせたんですが、さすがにパーキング。やってしまいました!1速のスパーギアがガリガリ!砂に近い石を噛んだためです。

次回からは、サーキットで走らせます。

 

「パーキングからサーキットへ〜EPにもぶち抜かれた?」

平成17年2月21日

25年振りのサーキット行ってきました。結構、トラブってお金かかったけど、おもしろかったです。

以下トラブルです。

1 いきなりの送信機充電切れ!(放電だけして、充電するの忘れてた。ニガ笑)
  ・電池を買った。

2 タイヤの接着不良(?)のため、スピン連発!
  ・接着済みのタイヤを買った。

3 マニーホールドからの排気もれ!
  ・ガスケットの入れ忘れ。

4 リアホイル破損!(クラッシュ)
  ・再びタイヤ購入。

5 スイングアーム脱落!(この日4回!構造上欠陥じゃないんですか?)
  ・ユニバーサルに交換!

6 燃料タンク破損!(シャーシとの取付部が根元からポキリ!)
  ・常連さんからアドバイスをいただいた!Oリングを間に入れると、燃料の
   泡立ちも防げるし、GOO!(そういえば、1/8の時入れてたのを忘れていた)
   R用のタンクに交換。(Bannosukeさんのインプレッション見てたから)

タイヤの接着で良い方法ないですかね?(簡単、確実な方法)

この日のサーキットで一番遅かったです。(EPマシンにもぶち抜かれました)
ニードルが1回転と40分ぐらいの位置なんで、次からは絞っていくつもりです。(まだ、我慢した方がいいですかね?現在1.5L消費したとこ。)

リアのグリップがいまいちで、ドリフトマシンのようにドリフトで抜けてましたけど、ミスったら、すっごいタイムロスですから、何か良い方法ないですかね?とりあえず、次回はリアサスのスプリングをやわらかい物に変えてみようと思っています。(スタビもやわらかい物にするほうがいいのかな?)

フロントのスタビのセッティングがいまいち理解できていません。(ただ、つけてるだけの状態。)

教えていただけませんか?(理論と構造など)

 

「目標は京商カップへ〜V-oneS3購入」

 

平成17年5月6日

京商カップに出場するためにV-oneS3を買いました。良い車ですね!挙動が安定してるというか、かなり操縦しやすいです。V-oneダンパー、ユニバーサル、タンク、ブレーキハブを交換して走っています。

エンジンの慣らしもほぼ完了したんですが、トラブルが・・・
タッチスターターのモーターが動かなくなって見てみると、モーターの線の付け根が折れてました!(なぜ折れる?)ちょっとメカプレートの下のスペースが狭いので、ヤスリで削って、ベルトテンショナーのビスを短い物に変えて、なんとか収まったのですが、今度は1速のスパーギヤがなめてしまいました。
周りのS3ユーザーも同じようにスパーギヤをなめてしまってるようで、エンジンの固定を工夫しないと、ダメみたいです。次回は、皿ビスと皿ビスワッシャーで固定してみます。(それとキットの9mmボールスクリュウはすごく弱いです)

そこで、みなさんにお聞きしたいのですが、V-oneS3で出るトラブルを聞かせていただきたいんです。(ちょっとした事でも)

よろしくお願いします!

 

平成17年5月21日

V-ONE S3なんですが、ひじょうに安定した走りにびっくりしています。
FW-05では、相当数のタイヤとインナーを試してみて、いまだ正解が見つけられないでいるのですが、V-ONE S3はどんなタイヤやインナーでもいけちゃうんで驚いています。
穴があくまでは、メッシュが見えていても平気で走っちゃうんです。(笑)

直線こそTZを積んだFW-05にはかなわないけど、タイム的にはV-ONE S3のほうが良いように思えるぐらいです。
ということは・・・RRRはもっとすごいんだ!ということで、買っちゃいました!

それはさておき

V-ONE S3の2速についてなんですが、最初の1,2周目がどうしても2速に入りにくいんです。そのあとは普通に入るのですが、どうしても最初だけ入りません。周りのV-ONE S3ユーザーも同じような現象が出るみたいです。なぜでしょう?(ラジ助さんの車はなりませんか?)

京商カップまで、あと1週間!気持ちだけがあせってます。
でも、初出場で勝てるほど甘くないと思ってるので、気楽に行きます。(棚からぼた餅!なんてことになれば笑えるんですがね。)

 

「京商カップ初参戦2005年関西A」
【2005.5.29(日) 関西Aブロック大会 兵庫県神戸市 神戸市立農業公園・ワイン城:36チーム中15位】



平成17年5月30日

関西Aに行ってきました。

Sクラスは36チーム出ていたので、予選落ちがあってビビってましたが、なんとかまぬがれて準決勝進出を見た時は、ひょっとして・・・とも思いましたが、やはり上位のチームは速かったです。

練習走行や予選1回目、2回目も順調に走ってたマシンも準決勝の練習走行時にいきなりまっすぐ走らず、ピットロードに接触。
なんとかコースインしたら、今度はどアンダーで曲がらず。プロポで切れ角を増やして望んだのですが、やっぱり曲がれず。
スタートの混乱を上手く切り抜けて3番手につけるも、曲がらないのでずるずる後退したものの、なんとか騙し騙しの走りでドライバーチェンジ!

パートナーも曲がれず、クラッシュ!フロントサスペンション粉砕の大ダメージでTカー出動!
が、なんと今度はTカーのリアがグリップしない!まきまき状態。他車の迷惑になりそうなので、リタイヤも考えたんですが、ドライバーが徐々に
慣れてきたので続行したんですが、そこからパートナーが鬼神のようなドライブ!

すべてのコーナーをフルカウンターで抜けていくのには、恐れ入りました。

結果は準決勝7位でした。タイヤや燃調など、色々と勉強になりました。ほんとに狭いコースで直線は20mほどでした。最終のシケインがこのコースの鬼門で、大きなダメージを受けたチームはほとんどこのコーナーでした。

 

「カップ参戦2戦目〜岡山雨の陣」
【2005.7.10(日) 中国ブロック大会 岡山県玉野市 おもちゃ王国 36チーム中15位】

 

平成17年8月2日

京商カップ中国大会に出場してきましたよ!
レース1週間前にコンロッド骨折の大ダメージを受けてしまい、しかもGXR15のエンジンパーツ、エンジンが京商になく、タイヤもV35はレース3日前に手に入れたんですが、パーツの供給不足で京商に何回か電話を入れました。(京商スタッフの対応は非常によかったです。)
しかし、当日は、雨の中の開催になり、苦労して手に入れたV35は使いませんでした。あんな雨の中でやるんですね!びっくりでした。Rクラスの決勝なんかは悲惨な状況で、まるでボートレースでした!(笑)15分で30周回れないんですから。

わがチームは、また準決勝敗退です。残るは和歌山の関西Bにすべてをかけて挑みます。(決勝に残るチームはやはり速いし、レース巧者ですね。)

で、雨のレース経験者として、東北大会に向けてがんばっておられるGPラジ助さんにちょこっとアドバイスしときます!メカボックスは浸水してプールになりますので、受信機、バッテリーは風船なんかにいれておかないと、大変なことになります。スイッチは水が入ると、ON,OFFが効かなくなるので、直結の方が良いと思います。(バッテリーのはずし忘れ注意!)エンジンのクリーナーはノーマルの傘はつけておくべき!(かなり効果あり)クリーナーのスポンジはPIT毎に必ずしぼる!フロントのボールスタッドとボールエンドが濡れると、外れやすくなるみたいです。
今まで何回クラッシュしてもはずれなかったのに、当日2回も外れたので、対策された方が良いと思います。(晴れてもするべき!)

 

「ついに40チーム参加の関西B〜なんとかつかみ取った決勝Aメイン」
【2005.9.4 関西Bブロック大会 和歌山県和歌山市 和歌山マリ−ナシティ− 40チーム中9位】

 

平成17年9月5日

4/9関西Bに出場してきました。(Sクラス40チーム、Rクラス31チーム)
曇りのち雨、のち晴れって感じのレースでした。

予選の作戦は、雨の降り出す前に、ファーストドライバーで一気に決勝シード狙い!
ところが、ファーストドライバーの車がスタート直後に他車とからんで、周回なしになってしまい、予選2回目に勝負をかけることに。

雨がぱらつく中で、なんとか準々決勝に残り、準々決勝、準決勝ともに、ぎりぎり3位で念願の決勝進出!
ところがそれまで順調に走ってたタイヤがおかしい!まったくグリップしない状態でTカーにチェンジしたものの、ノーコン(受信機のバンドを変えるのを忘れてた!超おばかさん)で、あえなくリタイヤでした。

決勝まで出ることができたので、上出来とおもっているのですが、不可解なのはタイヤのグリップがなくなったことです。(準決勝までは同じセットのタイヤで走れた)

しかし、レースでは予期できないことがいっぱいでてきますね。
レース中で、時間もない状況で頭もパニックになってるので、後で冷静に考えてやれば、できるのに、できない。
やっぱり、経験を積んでいくのが一番だと痛感させられた今回のレースでした。

クソ〜!軽井沢までいってやる〜!

 

「ついに軽井沢へ〜思わぬ伏兵現る!」
【2005.10.16 信越ブロック大会 長野県北佐久郡 軽井沢タリアセン 24チーム中7位】

平成17年10月18日


京商カップ信越大会、楽しんできました!
結果は決勝7位と厚木は遠かった〜!(くやし〜)

実は決勝レース中、ちょっと気になったことがありました。

どちらかのチームの方だと思いますが、(総監督?)やたらレース中に怒鳴ってるんです。
おまけに前を行く車のゼッケンを呼んで、「○番さん、○番さんごめんなさいね!」って、お前らどけ!みたいな感じで。で、絡んだら相手ドライバーに「こらっ!」

レース終わっても、相手に文句言ってるし。

みんな必死で上位を争って、比較的狭いコースで10台走行しており、かつ、ある程度走行ラインは限られているので、絡むのは当然、必然に起るもの。それがラジコンレースじゃないでしょうか?(他車の追い抜き、追い抜かれのマナーには、各ドライバー最大限注意は払っていると思いますが)

ほとんどの人が趣味で楽しんでるラジコンレース。もっと楽しめないものですかね?もちろん、レースは真剣勝負ですけど、度を越すとダメだし、まわりもイヤな思いをするものだなと思いました。

 

 

ラジ助:問い

若手ドライバーが多い中、年齢的にがんばれる秘訣は?GPに復帰しようと考えている人に何か一言お願いします。

popeyeさん:

ぼくとラジコンカーとの出会いは、さかのぼること30年ほど前の事になります。

テレビで自作のラジコンカーを走らせてるのを見たんです。わりと田舎でしたし、まわりにラジコンをする人もいなく、親、兄弟もまったく興味なしのジャンルなのに、心に火がつき「ラジコン技術」を買ってもらって楽しんでいました。

そして、13才の時にチャンス到来!アルバイトができて、とうとうラジコンを買えるお金が入ってきたのです。京商ダッシュ2、エンヤ19TV、フタバプロポ(名前は忘れました!)プラグヒーターに充電器、燃料、しめて55000円!(あれっ?今とあまり変わらない。笑)しかし、周りにには知ってる人は誰もいない状態で組み、走らせて、壊れたら直す。直すと言っても、部品を買うことができないので、すべて自作で作りました。

ギヤが欠ければ、やすりで再生、シャーシが曲れば、叩いて直す。ぼくとラジコンの原点、これがあって、いまのぼくがあるといっても過言ではないと思います。

好きなんです!ほっとけば、ごはんも食べず、寝ずにいつまでもやってる。いつも母親が呆れていました。(今は奥さんが呆れてる)

もし、以前にラジコンカーを走らせていて、復帰したいとお考えの人がいるなら、是非サーキットで復帰してほしいです。みなさん、ほんとに初心者には親切に教えてくれますし、びっくりするくらいの早さで友達が出来ます。

若い方が多い中で、大丈夫かって思われる方がいるかもわかりませんが、ぼくの場合年齢は46才になりましたが、ラジコンは体力勝負じゃないんで、ぜんぜん対等に走らせる事ができます。

ただ、そこそこお金が使える年齢になったからといって、「速さ」をお金で買うと、続かないと思います。

直線番長はだめですね!(笑)
 

 

「冬になってもGP魂は健在〜地元で熱い修行へ」

平成17年11月15日


GPMは当日受付ですよ!練習(コース解放日)の予約が1ヶ月前ということです。
4stもカテゴリー3で盛り上がってます。
この前は、かの有名な金髪の方の奥さんが4stでポール取ってました。決勝はトラブったみたいでしたけど。赤ちゃん連れで、いいですね!あんな家族。

夫婦でレースやってる時は、バカッ速のTさん(コースレコード出してた!)が赤ちゃんを見ていましたよ。(微笑ましい〜)
OSフィールドではもうひとつレースがあって、マスターズチャレンジなんですが、これはスポンジとゴムOKなんで、スポンジの大会と思っていいと思います。実は12/4にこのマスターズがあるんですが、ず〜とゴムでやってきただけに悩んでいます。キャンバー調節だけでタイヤ履き替えて、出ようかと思ってるんですよ。前回、あまりにくやしい思いしたので、最後、最後といいながら、もう一回レースしたい〜!って気持ちなんです。

 

平成17年11月26日


「ラジ日記」の宣言!ちゃんと見ましたよ!こちらも来春に向けて、すでに始動しています。(頭の中だけ。笑)

先日、GXR15の新品を手にいれて、ブレークインしようとしたんですが、かからないんです。(スターターでもダメ!)あちこち触って、ヘッドを開けてみると、タッピング不良が発覚。新しいビスを入れても、ヘッドが締らず、京商に送りました。

最近、いつものサーキットでSクラスが熱いんですよ!いままでは、相棒と二人でバトッていたんですが、人数が増えて、7,8人ぐらいになり、おもしろいんです。 R(オープン?)クラスもラバーが主流で楽しめます。ぼくらの影響か?来年の京商カップはこのサーキットからかなりのチームがエントリーする予定です。先輩としては、彼等の後塵をあびるということは許されないので、がんばって速くならないといけません!

当然、譲れないコンデレもあるし。(カラーリングの構想は出来てる!ニタッ)しかし、タミヤのコンデレはすごいですね!(かなわんわ!)

春には、タミヤに出しても取れるようなすっごいヤツを披露できるようにします。


 

ラジ助:

RCを楽しむ上で必要なこと、またどの程度の費用がかかったか、また仕事とラジコンの両立の秘訣について教えてください。

popeyeさん:

お金はある程度かかります。

ぼくの場合、レース出場機会が多いというのもありますが、月に5〜10万は使っちゃいます。ただし、コースへの交通費や仲間との食事もあります。純粋にパーツや燃料だけなら、3万もあれば十分じゃないでしょうか?趣味という枠のなかで楽しめればいいので、無理をする必要はまったくないでしょうね。

また、人生においても趣味を持ってる人と持ってない人では、人としての魅力に大幅に違いがあるように思います。ぼくの場合、趣味の話で仕事がうまくいくなんて、しょっちゅあります。趣味と仕事をちゃんと両立させて、楽しむ!これがおとなの趣味ってもんでしょ?

ぼく場合は特に京商カップという目標に向かって、この1年半頑張ってきたというのが大きいです。

 

 

「2006始動はマイスターから?」

平成18年4月11日

大阪「ぽけっと」で行われた京商マイスターカップに出場してきました!
20名の参加でわりと賑わってたような気がします。
さて、レースは5分のベストラップ形式の予選を2ヒートっていうはじめての経験だったんですが、意外とおもしろいです。

コースが狭く、1周10秒程度のコースなので、ゼロコンマ何秒の争いでした。結局、Aメインにかろうじて残りました。(7名中7位!笑)
ポールの選手だけ9秒台であとは0.3秒ほどの中に6人でした。決勝は20分の周回レースで行われ、スタートダッシュよく一気に3番手までジャンプ!

しかし、ポールの選手が異常に速い!ケツからも差がないから突きまくられる始末。5分すぎに4位で安定してきたのですが、どうも上位3人に追いつく気配はないので、上位が脱落してくるのを待つ作戦に・・・(セコッ!)

6分すぎに突然のストール!なんとガス欠でした。13分すぎにピットを見ても動く気配なし。やばいな〜と思った瞬間、またしてもガス欠。(たのみますよ!ピット。)

結局、いくら待っても、上位は落ちて来なかった!(笑)で、結局4位完走です。(ガス欠のロスがなければ・・・なんていいません。)
前日に7分半は走れたんですけどね。しかも、下も上も5分づつくらい絞ったのに、燃費が悪かったのは、なんだったんでしょうね?

でも、楽しかったです。シリーズ戦ってことなので、次回も是非参加したいです。今度は、絞りまくりで10分持たして、2ピット作戦でいこうかな?

 

 

「2006年開幕〜通算5戦目は史上空前の大量エントリー決戦」
【2006.5.28(日) 関西Aブロック大会 兵庫県神戸市 ポートアイランドU期内 53チーム中10位】

平成18年5月29日

京商カップ関西Aに行ってきました!

Sクラス53チーム Rクラス38チームと史上最多の参加台数だったみたいです。コースも関西仕様とスタッフが言ってましたが、いつもよりコース幅が倍くらいあり、簡単なレイアウトで激戦が予想されるようなコースでした。

まずはコンデレなんですが、200台近く並べられた中で選ばれたのは・・・・やりました!みごとに選ばれましたよ!私の「ワールドカップドイツ大会バージョン」

レースの方は予想どおり激戦で、Sクラス21周のチームが9チームあり、19周の5分2秒680がカットライン。以下は予選落ち!(22チームが涙をのみました)我がチームは、なんと5位で決勝シードの快挙!(ぼくじゃないですよ!相棒がすごい)

で、いつもの京商カップどおり、淡々とハイペースで進められ、決勝。今回は15分でエンジンスタートなしのグリッドスタートでした。序盤にからまって、順位を最後尾の方に落とすも、序々に追い上げ2位でバトンを受け取り、コースイン!しかし、3位は0.6秒後方、そして4位は1.5秒後方という大プレッ
シャーの状況で、周回を重ね残り3分のところでマーカーを避けるのを失敗。みごとフェンスに激突!フロント骨折でジ・エンド。

遅くて、抜かれたんじゃなく、ミスで終わったのがくやしくて、くやしくて。相棒に申し訳ない気持でウルトラブルーになりました。厚木へのキップが手のひらからするりと落ちました。(残念)

こんどは岡山に乗り込んで、がんばってきます。
 

 

「2006年第2戦目 通算6戦目岡山〜負けたものの次への確信が!」
【2006 7.30(日) 中国大会 岡山県玉野市 おもちゃ王国 50チーム中7位】

平成18年8月4日

7/30の京商カップ中国大会にいってきました。
前日に岡山入りして、フジモデルサーキットで調整し、夜はkankiさんの工場で前夜祭が開催され、すっごい盛り上がりでした!翌日の本番のことなどすっかり忘れて、飲みまくり、騒ぎまくりで大変な騒ぎでした。

さて、レースの方なんですが、すでに京商HPでUPされてますが、またしても通過ならず・・・でした。予選1回目にたっくんをもってきて、ポールを狙ったんですが、おしくも3位で、2回目はどうしようかと悩んだあげくに、確実にシード取るためにもう一度たっくんに!やっぱり、速い!Rクラス、SクラスあわせてもトップでみごとTQ獲得!

決勝レースは15分に短縮されて、エンジンかけた状態からのグリッドスタートでした。一瞬出遅れて、2位で周回を重ね、数分後にトップにたったのですが、周回遅れのマシンと不運な接触、エンストで一気に最下位に・・・8分すぎにぼくとバトンタッチするも、依然最下位のまま。(さすがに決勝だけあって、みんな落ちてこない)ぼくはっていうと、なんせこのコースを最初の練習走行の2分走らせただけだったのですが、意外とうまく回る事ができ、一生懸命走ったのですが、トップ集団に追いつく事ができませんでした。結局7位でゴール。

やっぱり15分だとワンミスでダメですね!次回、和歌山でがんばろうと思います。

今回はコンデレも獲得できませんでした。
カナダドライ ジンジャエールを塗ったのですが、経度、緯度線と北極あたりの地図をミラー仕上にするつもりが周りの色と区別がつかず、じ〜っとみないとわからなくなってしまいました。(残念!)素直にグレーに塗っておけば・・・

まあ、しかし楽しかったですよ!前夜祭もレースも。去年はだれも知り合いがいなかったのが、今年は半分くらい知ってるんじゃないかと思うくらいでした。それに、去年はタイヤやダンパーなど聞きに行ってたのに・・・有名チームが聞きに来るようになって、びっくりです。(実は本人達もまだよくわかってないのに!爆)

そんなこんなで、やっぱり楽しい京商カップ!ラジ助さんも東北出るんでしょ?がんばって、厚木でお会いしましょう!(今年は行くつもりですよ!)

うちは和歌山で決めます!(ダメでも信越がある!笑)

それでは、また!

 

「その時歴史は動いた!〜ついにきた関西B 通算7戦目で一気に優勝!」
【2006.9.3(日)関西B 和歌山県和歌山市 和歌山マリ−ナシティ− 57チーム中1位】

とうとう、この日がやってきました。
関西Bに早朝から出発、快晴で影に入れば、涼しい初秋の和歌山マリーナシティ。 今回は、練習走行は半分ずつで、予選は2回ともたっくんで決勝シード狙い。 まずは、コンデレの発表!またしてもゲット!今回は自分なりに良い出来だったので、うれしい受賞です。

予選1回目、どうも車がおかしい、途中ピットインして燃調、結局18周。 完全なオーバーヒート!おかしい、そんな絞ってないはず。

エンジンを積み換えて2回目のアタック!痛恨のクラッシュで予選落ちの危険が・・・ なんと、予選23番手でかろうじて1回戦に踏み止まり、ほっと一安心。

1回戦はまず順当に1位で通過。

しかし、まったなしの京商カップ、すぐに準々決勝がはじまった。 序盤、快調にたっくんがトップにたったその瞬間、またしてもクラッシュでリアサス
骨折。Tカー投入もかなり順位はさがってしまったが、さすがたっくん!3位浮上でド ライバーチェンジし、なんとか逃げきり、準決勝進出。(ほっ)

準決勝は最後尾からのスタートだったが、たっくんがうまくすりぬけ、5分すぎには トップに・・・やっと決勝に上ってきた。(二人ともグロッキー状態)
急いで、充電、整備。

ゼッケン8番で決勝スタート!スタート直後の混戦をすりぬけ3番手までジャンプ! コントロールラインまでに2番手に・・・そして、やっとトップ浮上!
あとはドライバーチェンジでぼくが逃げるだけ! 5秒差・・・下からは「3位でいいから!」・・・1回戦から勝ち抜いて、ここでトッ プは譲れない。必死の逃げ。 残り30秒で2位と8秒、今までの苦労が走馬灯のように頭をよぎり、半泣き状態。 そして、チェッカー!優勝してしまいました。ウイニングランを2周もしてしまいました!(笑)

続いて、RクラスにはシンテックRが4番手からのスタート! そして、なんとS、Rともに優勝! コンデレ、Sクラス優勝、Rクラス優勝、抽選会ではプロポまでGETで、関西B(和歌山) は完全にシンテックデーと化してました。
 


ラジ助:

最後に、ラジコンにおけるボディー作成の位置づけと、たっくんとの出会いのエピソード、代表権を獲るまでに一番苦労した時期を教えてください

popeyeさん:

一年半前にまだ全然今のGPがわかっていない時期にある親子に出会い、ぼくのラジコン生活が大きく変動しました。

ちょうどいいスピードで走ってる車を追いかけて楽しんでいたんですが、お父さんが近くにいるのに、さっきの車が・・・走ってる?そうなんです、子供が走らせていたんです。
毎週、その子とバトルを楽しんでいるうちに話が京商カップの話になり、一緒に出ようって軽いノリで誘ったのが、たっくん(当時8歳)とペアを組む始まりでした。

S-3を一緒に買い、とりあえず5月の関西Aに・・・このころはまだたっくんとの差はほとんどなかったと思うのですが、初めてのコースは、たっくんが圧倒的に速い。
たっくん頼りのレースが続く・・・せめてボディだけでもっていうことでコンデレ狙いのボディ製作をすることに。しかし、なかなかいいアイデアが浮かばず、他のチームに根こそぎ持って行かれる・・・そして、やっと信越でコンデレを初受賞!

やっぱり、ラジコンはきれいなボディを付けて走らせたいですね!ちょっとの工夫でエアブラシとか特殊工具など使わなくても、きれいに塗ることができます。実際、関西Aでコンデレとったボディは缶スプレー2本しか使ってません。(笑)かなりの確率でコンデレを取れるようになって、やっぱり目標は、京商カップのファイナル出場ってことに・・・

しかし、地区で上位3チームって、そう簡単にはいきませんでした。たっくんは、ぐんぐんと伸び、天才少年といっても過言ではないほどになるにつれ、相棒のぼくは悩み続け、答えがでないまま2006年地区予選に・・・やっぱり、やってしまった関西A。

落ち込む日々・・・「気にしなくていい」とチームメイト、いろいろ教えてくれる他チームのメンバー。

そして、意識が変わったレースが・・・駆け引きが出来て、Bメインながら優勝したあのOSのレースがすべてを変えてくれました。

予選4番手でスタートし、まったくグリップのしないタイヤで、抑えて、抑えての走行。やがてトップに立ち、2位とは5秒差、慎重かつ確実にコーナーをクリアしていく。10分のレース中、2位との差を気にしながら走りきり優勝。これが、セカンドドライバーの極意と感じたレースでした。

焦らなくていい、確実にまわれば、そう簡単には抜かれない!そして、小さな自信がつき、また少し速くなった気がしてきて、また少し自信がついてくる。そして、迎えた関西Bで最大の試練。(1回戦からの勝ち上がり)そして、優勝!こんな感激を与えてくれた、たっくん、チームメイト、ずっと見守ってくれた他チームのメンバーには感謝の気持でいっぱいです。

おっさんが、また成長した気がします。

そう、こんなたのしい仲間とできるラジコンをまだまだ楽しんでいきたい!きっと、もっと楽しい事が起るだろうし、いっぱいの人達と知り合える。

ぼくのラジコン人生はまだまだ続きますよ!(笑)
 


 


ラジ助編集後記

ラジコン復帰から、全レースレポートの投稿提出、またにラジ助の多くの質問にフランクに答えていただいたpopeyeさん、ありがとうございました。

誰もが思い悩む壁・・・年齢、費用、仕事との調整、チームメイトとの関係、popeyeさんも全てがパーフェクトにいった訳ではないと思いますが、全てに体当たりで挑戦して、一つの結果を得たpopeyeさんの道のりには参考になる部分が多いのではないでしょうか。

今回編集するにあたり、初回投稿から全部に目を通させていただ ましたが、どんなレースも(思い出したくない最悪だったレースも)振り返り、それを投稿したということは実際すごいですよ。

また、これからGPを始めようと思っている人、昔やっていて、復帰しようと思っている人も、参考にして いただければ幸いです。ちなみに、popeyeさんはお酒が入ると、もっとすごくなるみたいです。(笑)

ラジ助も負けずに、挑戦していきたいと思います。また、BBSは今後も続きます。popeyeさんからもきっとアドバイスがあると思いますよ。
 


2006.9.21 編集 ラジ助 special thanks ! popeyeさん